FC2ブログ
やった~~~!\(^o^)/
「花金」でございますよ~~~!
少々ハードな毎日で、お目目ショボショボではありますが(笑
そんな事言っちゃ~いられない・・もったいなくて^m^うふうふ。。

そして明日の朝は、早起きしてフックと花見に行かなくっちゃ♪
さっきまで会社で「青菜に塩」状態だったのがウソのような・・・
全くゲンキンな性格です(^^ゞ

で、今朝のお写真~♪
いつもの公園もこの時期は薄化粧して、おめかし^m^
20060331214143.jpg


今日は、ちょっとまだ寒さは残っていましたが、
それでも日差しは暖かくて、スッキリとした晴天でした。
20060331214159.jpg


20060331214121.jpg


今日もご飯もりもり食べて、りっぱなブツをなさって・・^^;
元気いっぱいのフックでした。
そのフックの、掛かり付けの病院のHPが新しくなって、
担当されている先生方のお写真が掲載されているので、ちょっとご紹介しますね。
「美術館前動物病院」
診療案内のスタッフ紹介のコーナーに、
担当の大石先生と腫瘍科の川村先生のお写真があります。
お2人とも女医さんで、優しくて、でもとってもパワフルで、
フックを大事に診て下さってます~(^・^)

この病院は、その名前の通り、いつもフックをお散歩に連れて行っている「県立美術館」から、
車で2~3分の所にあります。

これまで、幾たびか病院の検査結果が思わしくない時もあり、
その帰り道、お父ちゃんと溜息まじりにお散歩させている事もあったし・・・
逆に先生から嬉しい診断結果をもらって、親子3人ルンルンで、
お弁当やおやつを食べたり、芝生の上でゴロゴロしたり~♪
この、病院から美術館へのコースは、本当にいろんな思い出があるのです(^.^)


そして、このお散歩コースの、もう一つの忘れられない1日・・・
この写真は去年の4月5日のものです。

20060331220229.jpg


明日は、去年4月1日に亡くなった父の一周忌なのです。
1年て、本当に早いものですね・・・。
4日の告別式の翌日、真っ赤に目を泣き腫らした母は、父の写真を胸に、
この美術館の桜を見上げていました。
そんな母の姿を、私は痛ましい思いで見つめながら、
これから始まる新しい生活に不安もあり、複雑な気持ちで、
同じように見上げていたのを思い出します。

それでも、時間と言うのはある意味有難いものでもあり、
そしてヒトの記憶と言うのも、また上手く出来ているものだと思うのです。
これは、母や私達に限っての事だけれど・・・
辛く苦しい思い出も、時間と共に柔らかいベールに包まれて、
優しい思い出に変わっていくような気がします。
だからこそ、生きていけるのではないかと思ったりして・・・。
ようやく戻った母の明るい笑顔を見ていると、そんな気がするのです。

明日は、お寺さんに来て頂き、ごく身内だけで静かな一周忌を迎えます。

2006.03.31 Fri l 未分類 l コメント (3) l top

コメント

★ほんと・・・早いですよねぇー・・・じぃじの1周忌ですね。
同じ場所・・・同じ桜でも・・・。
その時その時によってまた想いが違いますねー。
同じお散歩コースなんだけど・・・あたし達の想いと表情はかなり違う。
じぃじも・・・・今はお空から元気なフック君やばぁばの事・・・安心して見てるはず。
「うわっ!またケリケリっしてるぅ~♪」とか笑いながら。

と・・・・見たぁー(≧≦)・・・フック君の先生chan。
しっかり優しそうで(♪)。
場所も凄い良い感じですねー。
何か自然いっぱい!!って感じで。
そんな良い感じの所は・・・勿論フック君と笑いながら笑顔で歩きたいー♪&歩けるー♪歩いてるー♪ケリケリッしてるぅー(笑)。
2006.04.01 Sat l りーchanまま. URL l 編集
本当に、時というのは、あり難いものですよね~15年程前ですが、ある病気で手術をしました、麻酔が切れてから、痛くて痛くて、痛み止めの注射をしてもらっても、すぐにまた痛み出してしまい、自分の手を噛んで耐えました。

でも、朝になったら少しよくなり、昼になったらまた少しよくなりました、その時に、あんなに辛かったのに、今はこんなの楽になっている、時というものは本当に有難いと、しみじみ思いました、それから、何か辛いことがあると、いつかきっと時間が解決してくれると、思っています。

本当に1年なって早いものですね、お父様が、亡くなられて1年なんですね、お母様も、お元気になられて、今の生活にもなれてきていることでしょうし、フック君も元気になって良かったですね。
お父様のご冥福をお祈りします。
2006.04.01 Sat l ウブママ. URL l 編集
☆りえちゃん、こんばんちゃ!^m^
・・・と元気にご挨拶するような時間でもないのだわ(AM2:00過ぎ)
夕方から12時近くまで寝ちゃってね、ついさっき目が覚めたとこなの(笑
でも~もしかしたら、りえちゃんの方も起きていたりして^m^

本当に1年て早いねぇ・・年々早くなってるみたいだけど(^^ゞ
今日もあの桜並木を歩きながら、いろいろ思い出していたのだけど、
涙は出なかったなぁ・・それでいいような気もするし。
でも、りえちゃんの言う通り、桜もフックも同じようにそこにいるんだけど、
去年とは違う想いは、確かにあるのよね。
うん♪そうだね!父もきっと相変わらずのケリケリッに笑っていると思うよ(^。^)

先生は2人とも優しそうでしょ?(^・^)いっつも笑顔だし~♪
でも性格的にも体力的にも、かなり男っぽい感じなんだわ。
その辺がまた、私と相性がいいのかもしれないよ(笑
環境はすばらしくいいと思う、静岡市内でも指折りの場所なんよ。
ありがとねん、これからもあのお散歩コースをずっと笑顔で歩けるように、
アーンド!ケリケリッ付きでね(笑)頑張るわ~!(^_^)v


☆ウブママさん、こんばんちゃ!(^_^)
とっくに日付は変わってるけど~まだまだ今夜はいけてる私だす(笑

本当に・・ヒトは時間に助けられて、生きてるようなものですね。
ずいぶん辛い手術だったのねぇ・・・
きっと寝られずに長い夜だったのでしょうね。
朝を迎えて痛みが薄らいできた時は、ほっとした事でしょう・・・。
病院のベッドの上で、周りが段々明るくなってくるのを感じるのは、
何とも言えない安堵感がありますよね。
私は、ママの痛みほどの経験はまだないと思うけど・・・
痛みというのは、その時はもう一生忘れないだろうと思っていても、
時間が立つ内に、記憶があいまいになっていくように思いますねぇ。
何年たってもはっきり覚えていると言うのは、もっと辛いかもしれないし。

いつかきっと時間が解決してくれる・・・母を見てるとね、本当にそう思います。
1年掛かったけど、やっと本物の笑顔になったかなぁ^m^

ありがとうございます・・・父へのお心使い頂いて、嬉しいです。
元気な母やフックを見て、きっと父もほっとしていますよね(*^_^*)

2006.04.02 Sun l フックママ. URL l 編集

コメントの投稿