FC2ブログ
昨夜、フックはあまり体調が良くありませんでした。
9時頃になって、急に呼吸が今までにないほど早くなってしまい、
肩でハッハッハ・・と息をしながら、横にもなれない様子で、
眠くて仕方がないのに寝られないと言う状態が続きました。

病院に電話して連れて行き、利尿剤の注射をしてもらったら、
12時過ぎになって、やっと落ち着いて寝られるようになりました。

そんな調子だったので、明け方5時頃おしっこに連れて出た時、
私は心配して、あまり歩かせませんでした。
フックの方は、もっと歩きたかったらしく・・・
20060505170847.jpg


「母ちゃん、向こうまで行こう~!」と、私が来るのを待っているフックです。
20060505171006.jpg


でも・・・私は「行かないよ、戻っておいで!」と呼び戻しました。
いつもなら素直に戻ってくるのだけど・・・
今朝は、そこに立ち止まったまま、一歩も動こうとしません。
20060505171100.jpg

・・・迎えに行き、抱いて戻って来ました。

うちに戻って一息入れて・・・「さぁ、ご飯にしようね」と、
昨日あんなに喜んで食べたジャーキーを目の前に置いたのだけど・・・食べない。
それどころか、ベランダの隅でおしりを向けて、寝てしまいました。
20060505171125.jpg


この写真を撮った後、「フック、フック!」と何度も呼び、やっと振り向いたフックの顔を見た時、
・・・何か違う・・・そう思ったのです。
それほどフックの顔からは、生気が感じられないと言うか・・
まるで目に力がありませんでした。

このまま・・食欲がなくなり、そして点滴が始まったら・・・
この子はどうなっていくのだろう。
私のやろうとしている事は、何か間違っている・・そう思ったのです。


昨夜は、担当の先生ではなかったので、今日の午前中に、
もう一度来るように言われていました。
そして、食欲がなくなったので、強心剤を缶詰に混ぜて、
無理やり口の中に押し込み、飲ませた事を伝えました。

そしてもう一つ、先生に伝えたのは・・・
もうこれ以上、強心剤を点滴で投与するのは止めたいと言う事でした。

点滴を外した時の、フックの嬉しそうな様子が、どうしても忘れられなかったのです。

止める事によって、フックのこれからの時間がもしかしたら短縮されるかもしれません。
点滴は、確かに確実に元気になります・・・その時だけは。
でも、ただ生きて行く為だけに・・その為だけの延命治療は、したくない。
ご飯さえ食べられれば、
自分から食べたいと言ってくれれば、薬は飲める・・・

途中で何度も言葉が途切れてしまいましたが、
先生は、ただ黙って、私の顔をじっと見て、頷いていてくれました。

そして、先生から多分その名前が出るだろうと思ってはいましたが・・・
「ステロイド」の服用を勧められました。
ただ、ずっと飲み続ける必要はないので、食欲の落ちた時に、
短期で飲ませていけばいいそうです。
ステロイドは、以前抗癌治療の時にずいぶん悩みながら使った経験があり、
私としても、あまり使いたくないものでしたが、今はやむを得ないと思いました。

フックにとって、はたして私達のこの決断が、良かったのか悪かったのか・・・
今はまだ何とも言えません。
でも、フックが負担にならない方法で、薬の力を借りて行くのも、
一つの手段ではあると思っています。


そんな訳で、何となくスッキリとして元気になった3人(笑
・・・病院の外で撮った写真です^m^
20060505171226.jpg


20060505171247.jpg



そして、フックを連れて、また来ました(^・^)
県立美術館の裏手にある遊歩道です♪
20060505171510.jpg


20060505171537.jpg


今日は、かなり気温が上がっていましたが、
この森の中の遊歩道は、木陰を涼しい風が行き渡り、とても気持ちのいい午後でした。
20060505171608.jpg


20060505171634.jpg


嬉しそうに、はしゃいでいるフックです
20060505171657.jpg


思いがけず、こんな表情も撮れました
20060505171725.jpg


20060505171746.jpg


母も私達も、フックと一緒に、
この緑一杯の樹木の懐に、包まれている感じがしました。
20060505171841.jpg


20060505171916.jpg


帰り道のフックです。
私には、満足そうな、満ち足りた顔、
そして・・・とてもしっかりした顔に見えました
20060505171932.jpg



そして、すっかり元気になった3人と1匹は、
みーちゃんの待つ我が家へ帰って来たのでした^m^

そしてそして~~♪フックが・・・
お水を飲んだ後、「母ちゃん、お腹がすいた~!!」と、
真ん丸い目を大きくして、言って来ました。

朝のあの様子からは想像も出来ない元気さです。
昨日のジャーキーだけでなく、見向きもしなかった大好きなおやつも、
数日ぶりで、パクパク食べました。

「ステロイド」は、当分必要ないかも・・・

薬より大事な事、それは・・・私達がまず元気でいる事、
あまりナーバスにならない事、大らかにどっしり構えている事、

わかってはいても、なかなか難しいとは思いますが、
フックの為だけでなく、自分達の為にもそうなりたいと思います。

フックに教えられる事は、まだまだたくさんありそうです(*^_^*)


この後フックは、お腹もいっぱいになって、
お薬もちゃんと飲んでから、ゆっくり一眠りし、
夕方のお散歩にも元気に出かけ、母と「おやつタイム~♪」を楽しみました^m^
その時の写真は明日UPしますので、見てやって下さいね♪

今日から血管拡張剤も変えてもらって、そのせいだとも思いますが、
今は呼吸も、昨日とは比べものにならない程ゆったりとして・・
私の横で気持ち良さそうに寝息を立てています。


今日は、いつにも増して、長い日記になりました・・・ごめんなさい(^^ゞ

2006.05.05 Fri l 未分類 l コメント (12) l top

コメント

良かったね!
フック君の、笑顔が見られて、また、良かったね。
人間社会でも、そうだもの・・・
ワンチャンにとっての、ストレスは、私たちが想像しているものよりも、遙かに・・・計り知れないものが、あるのかもしれないですね。
美術館公園の、フック君の笑顔の横顔は、まさしく、それを象徴しているかの、ようでした。
フックママさん、フック君の気持ちを、一番理解してあげられているのは、ママさん、ご一家なのですよね。
迷わず、しっかり!ね。
頑張って。
2006.05.05 Fri l すももママ. URL l 編集
フックママ・・・・・・・
涙が止まりません・・・・・・
フックちゃんの為には、何が一番良いのか?・・・・
それは、フックママが、フックちゃんの為を思い
そして、一生懸命考えた決断が、一番の正解だと思います
だから、今のこの決断は、決して間違えでも何でもないと
私は、思うのです。・・・・・
上手く言えなくて、歯痒いのですが
私も、ナナの延命治療だけの為の治療は
選択出来ませんでした・・・
あの時に、必死になってたのは、ただひたすらに
ナナの痛みだけは、緩和して欲しい・・・・
その事だけでした・・・・・・

今、思うことは、あの時に・・・・・・
ナナの苦しみが、少しでも緩和されて良かった・・・・
そして、最後まで側に居て上げられて良かった・・・・

病院の帰り道の、フックちゃん

私にも、満足げな表情に見えてますよ!(^_-)

『ママ ありがとう。僕、もう、嫌な事されないんだよね!』

そう言っている様に、聞こえてなりません。・・・・・・

フックちゃんの、穏やかな日々が、一日でも長く続きますように!
心から願って止みません・・・・・・・

2006.05.05 Fri l maasa. URL l 編集
笑顔♪
公園でのフックちゃん、とっても楽しそうにみえました。そしてごはんもいっぱい食べて良かった!!うれしい!!!「気持ちが良い」とか「楽しい」とかそういう気分ってとても大切だと思います(^^)

ママさんたちもたくさん食べて体力つけてくださいね!気をはって元気でいるようでも心で体は左右されてしまいます。私もPの時、元気なつもりでいましたけどしゃがんだら物につかまらないと立ち上がれなくなった事がありました。だからフックちゃんのためにも・・・と言っても難しいかもしれないけどどうか気をつけて!!
2006.05.05 Fri l みゆ. URL l 編集
良かった・・・
★フックママがフック君を思ってこそ・・いっぱい悩んで決断した事での笑顔で・・・・・・フック君にも精神的に伝わったんでしょうねー。
言葉で言うのは簡単だけど・・・・考え抜くのはほんと大変な想いです。
また・・・・・自分から食べ出してくれて良かった!!
先生にもママの決断した想い・・・・・伝わったですし。
延命治療場合にもよるけど・・・そうですよね・・・生きるという事は・・・楽しく美味しく!・・・・・じゃないとですもんね。。。
苦しみながらは・・・×!ですもんね!
・・・・・・あたしの前の猫(白血病だった子)の時・・・・最後凄い決断をしただけあって・・・・・・凄く分かります。
その時の事を思い出しただけで・・・でも・・・・良かったんだと・・・。
苦しみながらでも・・・・答えようとする・・・・けな気な純粋な生き物だから・・。
どっしり構えたい・・・・気持ちの中では不安は凄くありながらも・・・・我が子の前では笑顔で・・・・楽しい!!顔でで。
その顔を見ながら・・・・・・我が子も笑顔でいてくれるなら・・・。
フック君・・・・・・明日も明後日もまだまだずっとずーっと・・・・・楽しく美味しくお散歩しよーねー。



2006.05.05 Fri l りーchanまま. URL l 編集
フックママ
フックちゃんの気持ちや感情、一番わかってるのはママ以外に
いないと思います。
そんなママが考え抜いて決めたこと、間違ってなんかないと
思います。
フックちゃんも、そんなママの気持ち、ぜ~~んぶ、わかってくれてるって!!

これからも、自信持ってフックちゃんを守ってあげてくださいね。
2006.05.05 Fri l じゅうべえママ. URL l 編集
嬉しそうな
フックくんの顔を見てると、とても病気と闘ってるなんて
思えないくらいなのに(><)
でも、フックくん、がんばってますね。
そして、支えるフックママさんやご家族も・・・。

フックくんを1番に考えてるママさんの意見が1番なのだと
思います。
どうか、まだまだこれからも、夏も秋も越えて、フックくんの
笑顔が見れるように、お祈りいたしますっ。
2006.05.05 Fri l チェリーママ. URL l 編集
頑張れ
土肥にいる間もず~と気になってました。思う存分お散歩いける様になるといいな~
昨日静岡子供病院のドキメントをみました。何人かの闘病生活を見て胸が熱くなりました。快復に向っていく治療、延命だけの治療の子とそれぞれ家族の頑張りがありました。今こうしていても涙が出てきます。生まれてすぐに腸の病気で18年も病院生活をしていた少女外の世界を知らないまま旅立ってしまいました・・・。
6歳の少年は小児癌を発祥して2ヶ月、家族とず~と病院生活を送って旅立っ時「ひとりにしないで・・・ず~と側にいて」と
こんな話してはいけないと思いながら ごめんなさい

私もフックママさんの考えと同じです。
延命治療よりも フックちゃんが楽しく散歩が出来食事が出来るほうがいいと 家族とふれあっている時間が長い方がフックちゃんは望んでいる様な気がします。
頑張ってくださいね。応援してます。
2006.05.06 Sat l ペコママ. URL l 編集
フックママさん&フックちゃんおはようございます。
ハラハラドキドキしましたけど、森の中の楽しそうな表情のフックちゃんが見れて安心した=33
延命治療、飼主さんそれぞれの考え方があるでしょうけどフックママさんの考えを誰もとやかく言う権限もないし、ママさんの思いをフックちゃんの為にしてあげて下さい。
気温も大分高い日が続いていますので、フックママさん&フックちゃんお体には気をつけてください。またフックちゃんの「うまうま」「おかわり」を見せて下さい。
2006.05.06 Sat l バピウリデパパ. URL l 編集
笑顔だね!
フックママさんの気持ちを思い涙しながら読んでしまいました。フックちゃんの体調そして気持ちを一番理解しているのはフックママさんですもの。いろいろ考えた結論ですものね。一番フックちゃんがして欲しいことなんだよね。このさきもあの笑顔が見れますように。一日の中でもきっと気持ちのゆれがあることだと思います。でもどうか気持ちを元気にして頑張ってくださいね。
2006.05.06 Sat l クラチ. URL l 編集
フック君うれしそう~
こんにちは~
フック君に、早く会いに来たかったけれど、お客様がきているので、昨日は、会いに来れませんでした、今、お客様が出かけたので・・・
今、この日記を読みながら、ママや、ご家族の辛い気持ちを考えて涙が止まりません。
でも、フック君、とっても、幸せそうでいい笑顔しています。
ママの判断はフック君にとって、一番いいと思います、もし私がフック君だったら「母ちゃん、ありがとう、僕世界で一番幸せ者だよ、今度生まれて来る時も、母ちゃんの子供にしてね」と言います。
人間ですもの、どちらに転んでも後悔はついて回りますよ。
ママ・・・ママのフック君思っての正しい判断に自信を持ってこれからも頑張って・・・
これから先、1日でも長くフック君との楽しく幸せな時が続きますようにお祈りしています。
2006.05.06 Sat l ウブママ. URL l 編集
ファイト!
涙ながらに読みました。
フックママさんの気持ちが痛いほど分かって・・・・。
ママさんやご家族が、フック君の笑顔、幸せの為に考えたことがどんな結果になろうとも、それがベストだと思います。
もちろん、これで良かったのかと思い悩み、心が揺れると思うけど、少しでもフック君がイキイキした時間を過ごせて、笑顔が見られたら、本当に嬉しいもんね。
これからも可愛い笑顔と、穏やかな時間がいつまでも続くことを祈ってます。
いっぱいいっぱい祈ってます。
2006.05.06 Sat l ピノコ. URL l 編集
良かった
昨日、PCの前に座れなくて ずっと気になってて・・・
やっと この時間になってPCの前へ。
そして ここにきて フック君の様子を見れて ホッとしています
もちろん はじめの方を読んだときは 胸が痛くなったりもしたけど
でも だんだん読み進めていくうち、
そして フック君の写真を見ていくうちに
心から 良かったぁー!と (*^^*)

確かに 病気に対して どうしていったらいいんだろう?と
私も いつも ホントにいつも 自問自答しています
これでいいのかな? 他にもあるのでは? etc・・・
時には りゅうに 話しかけて 『答えてよ~』と
おバカな 会話をしてしまったりと。。。
だからこそ 迷いはあってもいいと思うの
でも 決めたその時は 一生懸命考えて出した結果だと
自分にいい聞かせて 進んでいって欲しいのです
もちろん 途中で 治療内容を変更するのもありだと思います
そして フック君は フックママの選択した治療を
きっと 納得して 受け入れてくれてると思いますよ
愛情込めて 考えて考えて だした方法なんだもん
そう考えて 頑張ってくださいね
フックママそして 家族の落ち込んだ姿は 一番嫌なんじゃないかなぁ・・・
みんなが 元気で 頑張ってるのが 一番かなと思うの
最後の方の写真のフック君、ホントに元気そうだもん
楽しく 1日1日 すごして 欲しいですぅ
いつまでも いっぱ~~い お祈りしてるからねぇー p(#^▽゚)q ファイトッ
2006.05.06 Sat l ゆう. URL l 編集

コメントの投稿