FC2ブログ
我家は旧盆なので、12日にお墓参りに行き、
15日にお寺さんに来て頂きます。
父の初盆は、身内だけで静かに迎えようと思っています。

お墓参りには、もちろんフックも連れて行って、
元気な顔を父に見てもらいます。
最期まで、自分のことよりフックの体調を気にして、
亡くなるその日の朝も「フックはどうしてる?」と、
酸素マスクの下から聞いていました。
その晩、結局フックにはとうとう会えずに、
逝ってしまいましたから・・・
きっと喜んでくれることでしょう。

今でも私達は、
フックの病気は父が持って行ってくれたのではないか、
きっとその分、フックは長生き出来るのだと、思っています。

一時はどうなるのかと心配した母も、すっかり元気になって、
毎日、私や主人、フックやみーちゃんと賑やかに暮らしています。
そんな様子に、父もほっとしている事でしょう。

我家のお墓には、母の両親ともう一人・・・眠っている人がいます。
私の兄です。
生まれて数時間で亡くなった兄の、小さな骨壷があるのです。
2歳年上だったので、生きていれば主人と同い年。
この兄が健在でいてくれたら、
私の人生は、また違ったものになったかもしれませんね。

「後を頼む・・・」と、言い残した父に、
「大丈夫、心配しないで!」と応えた私でしたが、
う~ん、こんな時お兄ちゃんがいてくれたらなぁ・・・と思った事が、
正直なところ、何度かありましたねぇ(^^ゞ
でもまぁ、これも、私の人生なのですが・・・(*^-^)

2005.08.12 Fri l 未分類 l コメント (2) l top

コメント

お墓参り
今日はフック君も一緒にじいじさんのお迎えにいかれるのですね。
きっとじいじさんは首を長~くして待っておられることでしょうね。

フックママさんにはお兄さんがおられたのですねえ。
私にも本当はお姉ちゃんがいました。数年前、母の実家のお墓の近くに父母が自分たちのお墓を立てたとき、横に小さなお地蔵さんも一緒に祀りました。そのとき初めてこの世に産声をあげることはなかったけれど私たちに姉がいたことを知りました。本当は三人姉妹だったんですねえ。
いろんな意味でママさんと同じく、人生変わってたんだろうな~~~
でもそれも人生なのですよね!!
2005.08.12 Fri l さぶ母. URL l 編集
母さん、先ほどはどもども・・・(^^ゞ
長話しちゃってごめんね
今日は本当にありがとう~!
母もすっごく喜んでました。
お仏壇の前でフックとツーショットの写真ハリハリさせてもらうね(^'^)

そうだったの・・・
母さんもお姉さんがいらしたのねぇ。
同じような話にびっくりだったわ。
うん、やっぱりそう思う時があったでしょ?
上にいてくれたら、また違ったかもしれないものね。
でも、今のこの人生も悪くないって思ってるんだわ^^;
母さんもきっと一緒だと思うよ。
お互い、なんだかんだ言いながら(笑)お父ちゃんと結構うまくやってるもん(=^_^=)エヘ。。。

2005.08.12 Fri l フックママ. URL l 編集

コメントの投稿